水虫って?

水虫は、真菌(カビ)で感染する皮膚病。

原因菌となるカビは白癬菌(はくせんきん)と呼ばれ、それ自体は目には見えないもの。

白癬菌がついたからといってすぐに感染して水虫になるわけではなく、この菌が「つく」ことの積み重ねと高温多湿状態の積み重ねが、水虫になる状況に。

どんな状態が水虫になりやすいの?

➡長時間同じ靴や靴下、スリッパをはき続けて汗をかく
➡水虫の人が歩いた床やマットの上を素足で歩く

などは水虫を発症する確率が高くなります。

特に女性はブーツを長時間履き続けることで、ムレて水虫になりやすい状態に。

また、白癬菌は温度が15度以上、湿度が70%以上になると急激に増えだすそうです。

水虫にも種類があるんです

水虫の原因は白癬菌ですが、感染した部位によって症状が異なりますし、全く別の病原菌の場合もあります。

実は足にできる水虫にも種類があります。

◆趾間(しかん)型

これは足の指の間にできる水虫で、はじめは赤くなり、だんだんと白くふやけていきます。

その後ただれてからジュクジュクとした液が出てきます。

◆角質型

これは踵(かかと)などが固くなって剥がれていく症状です。

汁は出なくほとんどかゆみもありませんので水虫であることを自覚していない場合も多いようです。

◆小水疱型

これは小さい水泡ができて強烈なかゆみが出ます。

放置していると水泡はどんどん大きくなっていきますが、その前にかゆみを抑えようと薬を塗る人がほとんどです。

しかも水虫は足だけではなく手にもできます。

症状は足と同じですが、汁が出るのではなく固くぼろぼろとなることがほとんどです。

このように水虫と言うだけではどのような症状なのかもわかりません。

自分で適当に判断するのではなく、しっかりと皮膚科で診てもらうことが重要です。

水虫に悩む女性の味方!94%以上が実感したクリアフットヴェールをチェック>>